FC2ブログ

新型車

こんばんわ。今日もダースベイダーと登下校をしたチンミです。

今日は新型車のことで。

スズキから新型ワゴンRが出ましたねぇ~
先代よりもウチは好みになりましたねぇ。丸くなったのがいい。
逆にスティングレイはなんかダメ。アレは先代だったから成り立ったような感じがします。
標準モデルにはまだ5MTの設定があるので僕にとっては嬉しいことですね。

そして同じスズキから。新車スプラッシュ。
ヨーロッパ生まれなのかな?今日CMで初めて知りました。
1.2Lエンジン+CVTだと。1.2Lはセンが細いような気がするんだけどなぁ・・・
スイフトのほうがいいような・・・燃費も多分スイフトが勝つんじゃないかな・・・・
試乗して確かめたがよさそうですねぇ・・


そしてまだ発売はされていないけど、次期シルビア。シルビアの後継の方がいいのかなぁ名前決まってないし。
とある雑誌によると、排気量1.6L、ターボで過給し最大出力は250PSだったかなぁ・・
さらに回転域によって圧縮比が変わるシステムを搭載するらしい・・・
価格は約250万円から。
楽しみだなぁ・・・・
スポンサーサイト

スーパーGT来季のレギュレーション

こんばんわ。皆様いかがお過ごしでしょうか。

今日は久しぶりにスーパーGTの事。
スーパーGTは来季からGT500のマシンのエンジンを来季のフォーミュラニッポンのエンジンと同じ3400ccV型8気筒に統一するらしい。
エンジンだけではなく、全幅・車高・エンジンレイアウト(駆動方式。FRに統一)までも統一するらしい。
なんでも、開発競争に歯止めをかける為にやるんだってさ。

でも一つ疑問が・・・
ホンダさんはどうするのかなぁ?
いまホンダはNSXで参戦しているけどNSXって駆動方式がMRなんだよねぇ・・・
一様NSXのFRモデルは作ってあるらしいんだけど・・・
本社の指示も無いみたいだし・・どうするのかねぇ・・・

来季のスーパーGTいろいろ変わっていそうだけど、楽しめればいいや。
GT300はあんまし変わらないみたいだから。

ランサーエボリューション。

久々に車の事。今回は三菱が誇り、長年スバル インプレッサとの2Lターボ最強の座を競い合った名車、ランサーエボリューションの事。

そもそも何でランサーエボリューション(以下ランエボ)が生まれたのか。
それは、当時WRCで戦っていたギャランがモデルチェンジで大型化してしまったためコンパクトなベース車を求め行き着いたのがランサー。そのランサーにギャランのエンジン、名機4G63を搭載して市販化したのがランサーエボリューションなのです。(実際のとこはあまり知りませんが・・・)

92年に登場してからもう16年経とうとしています。
これまでに行われた仕様変更やマイナーチェンジは数ほどありますが、僕が一番印象深く感じたのが、やっぱり4世代目ランサーエボリューションXの登場でしたね。
なんか34GT‐Rみたいな顔つきなったなぁって感じでしたけど。ライバルであるインプレッサ WRX STIよかは断然いいと感じております。
エンジンも鋳鉄ブロックからアルミブロックになりましたし。
ただ6MTが無いってのがネックですな。

しかしこのクルマかなり良いですね。一度は乗りたい車です。

どうしてもだめなのか?

こんばんわ。皆様いかがお過ごしでしょうか。

先週関係が悪化していく一方の友達がホンダ・ビートを買ったらしい。
実物を見るとやっぱし結構カッコいい。まぁカッコいい裏には使い勝手が悪いと言う難点もあるはずだけど・・
こう人がクルマを買うとやっぱ欲しくなるんですわ。シルビアが。
んで今日親父にその都度を申し上げたら・・・
却下。
・・・・やっぱダメなんか?シルビアは。


かといって諦める訳にもいかんし・・・よし!!これから親父にできる限り毎日「シルビア買ってもいいかい?」を言い続けるぞぁ!!!

しこたま駄目だしされた。

ぶーぶー

先輩にS15のNAを買うっていったら、
そぎゃんつまらんもん買うかや!!!
K‘s(ターボ)買え!!!!

いやNAも・・・
何いっとるや!!!NAなんか買ったら絶対後悔するって!!!!ターボがいいって!!!ターボが!!!!
は、はぁ・・・・

確かにターボも伸びがあるから楽しそうなんですけど・・・現実維持が・・・
辛い展開になった・・・・

MY CAR紹介

こんばんわ。皆様いかがお過ごしでしょうか。

今日は僕の現時点での愛車を紹介します。
車はスズキ ワゴンR。もう12年経つ走行距離13万キロを超えたクルマです。

正面
Image032LP


内部
Image033.jpg

Image034.jpg

あ、ミッフィーちゃんは僕のではなくオカンのですから。
今年の12月まで車検があるのでそれまでこれに乗って12年間お疲れ様って言ってやりますよ。
それまで頼むぜ相棒。

2008 AUTOBACS SUPER GT Rd1 SUZUKA GT 300KM

2008 AUTOBACS SUPER GT
Rd1 SUZUKA GT 300KM

リザルト
GT500Class
1 23 XANAVI NISMO GT-R 本山 哲
ブノワ・トレルイエ
1:44'03.977 52 BS
2 22 MOTUL AUTECH GT-R ミハエル・クルム
柳田 真孝
0'00.854 52 BS
3 36 PETRONAS TOM'S SC430 脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
0'25.551 52 BS
4 38 ZENT CERUMO SC430 立川 祐路
リチャード・ライアン
0'32.757 52 BS
5 24 WOODONE ADVAN Clarion GT-R J.P・デ・オリベイラ
荒  聖治
0'47.966 52 YH
6 35 宝山 KRAFT SC430 ピーター・ダンブレック
片岡 龍也
1'12.218 52 BS
7 18 TAKATA 童夢 NSX 道上 龍
小暮 卓史
1'23.777 52 BS
8 17 REAL NSX 金石 勝智
金石 年弘
1'37.516 52 BS
9 6 ENEOS SC430 伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
1'42.861 52 BS
10 32 EPSON NSX ロイック・デュバル
平中 克幸
1'45.416 52 DL
11 25 ECLIPSE ADVAN SC430 土屋 武士
石浦 宏明
1Lap 51 YH
12 39 DENSO DUNLOP SARD SC430 高木 虎之介
アンドレ・クート
1Lap 51 DL
13 100 RAYBRIG NSX 井出 有治
細川 慎弥
1Lap 51 BS
14 1 ARTA NSX ラルフ・ファーマン
伊沢 拓也
5Laps 47 BS
15 3 YellowHat YMS TOMICA GT-R ロニー・クインタレッリ
横溝 直輝
11Laps 41 BS
GT500 規定周回数:36

12 カルソニック IMPUL GT-R 松田 次生
セバスチャン・フィリップ
17Laps 35 BS


GT300Class
1 7 ORC雨宮SGC-7 井入 宏之
折目 遼
1:45'39.045 48 YH
2 2 プリヴェKENZOアセット・紫電 高橋 一穂
加藤 寛規
0'14.827 48 YH
3 26 ユンケルパワータイサンポルシェ 谷口 信輝
山路 慎一
0'31.416 48 YH
4 81 ダイシン ADVAN Z 青木 孝行
藤井 誠暢
0'33.011 48 YH
5 43 ARTA Garaiya 新田 守男
高木 真一
1Lap 47 MI
6 77 クスコDUNLOPスバルインプレッサ 山野 哲也
佐々木 孝太
1Lap 47 DL
7 19 ウェッズスポーツセリカ 織戸 学
阿部 翼
1Lap 47 YH
8 4 EBBRO UEMATSU 320R 阪口 良平
松下 昌揮
1Lap 47 YH
9 110 KUMHO BOXSTER-GT 光貞 秀俊
池田 大祐
1Lap 47 KH
10 31 DOUBLEHEAD avex apr MR-S 峰尾 恭輔
坂本 雄也
1Lap 47 MI
11 33 HANKOOK PORSCHE 木下 みつひろ
影山 正美
1Lap 47 HK
12 11 JIMCENTER DIXCEL ADVAN F430 田中 哲也
植田 正幸
1Lap 47 YH
13 95 ライトニング マックィーン apr MR-S 平手 晃平
国本 京佑
1Lap 47 MI
14 5 プロμ マッハ号 320R 玉中 哲二
山野 直也
2Laps 46 YH
15 111 ARKTECH BOXSTER-GT 小泉 洋史
Guts 城内
2Laps 46 KH
16 16 CHUGAI UEMATSU 350R 植松 忠雄
筒井 克彦
2Laps 46 YH
17 666 楽天 BOMEX 320R 周防 彰悟
山下 潤一郎
3Laps 45 KH
18 27 石松・RYUMA HANKOOK GT3 井上 貴志
ファン・ジヌ
3Laps 45 HK
19 118 4CARAT SON GT3 宮本 隆士
大井 貴之
3Laps 45 YH
20 70 GAIKOKUYA・ADVAN GT3-RS 前田 剛秀
山岸 大
4Laps 44 YH
GT300 規定周回数:33

46 MOLA レオパレス Z 星野 一樹
安田 裕信
19Laps 29 MI

66 DGRQ ムルシェRG-1 山西 康司
余郷 敦
26Laps 22 YH


□タイヤ=BS:ブリヂストン/DL:ダンロップ/HK:ハンコック/KH:クムホ/MI:ミシュラン/YH:ヨコハマ

□WH=ウェイトハンディキャップ(kg)/+1:性能引き上げ措置(1ランク)/+2:性能引き上げ措置(2ランク)

□開始時刻:14:05'27/終了時刻:15:49'30

□出走台数:38台/完走台数:35台


GT500 決勝ベストラップ Top3 :
1'56.136 : No.12 カルソニック IMPUL GT-R (松田 次生)
1'56.957 : No.32 EPSON NSX (平中 克幸)
1'57.046 : No.24 WOODONE ADVAN Clarion GT-R (J.P・デ・オリベイラ)

○GT300 決勝ベストラップ Top3 :
2'07.846 : No.2 プリヴェKENZOアセット・紫電 (加藤 寛規)
2'08.140 : No.7 ORC雨宮SGC-7 (井入 宏之)
2'08.517 : No.26 ユンケルパワータイサンポルシェ (谷口 信輝)



見事にGT-Rが1,2フィニッシュ!!!!!今季はニスモから目が放せませんよ!!!!!

Zの話

こんにちわ。皆様いかがお過ごしでしょうか。

今日はZについて。

僕が愛してやまない日本が世界に誇る名スポーツカー、NISSAN FAIRLADY Zは今から約40年前の1969年に発売され世界(特にアメリカ)の人々に愛され55万台という当時では考えられないほどのS30Zが世の中に出て行ったわけです。
もともとZは当時アメリカ日産に所属されていたMr.Kこと片山豊サンが日産本社に「スポーツカーを作ってくれ」と言ったのがきっかけでZは生まれました。
名前の由来は、FAIRLADYに開発メンバーに片山サンがアメリカからZ旗を送ったからそれにちなんで、という話がありますが実際は僕もわかりません。
さて話は変わりますけど、僕はZを買うつもりではいるのですが、少し悩んでいるんです。Zは旧車って事で色々な所が錆びている可能性が大きいのでレストアも考えるのが当然なんですが、僕にはレストアをする金銭的余裕が全くもって無いのです。じゃあレストアしてあるやつ買えば良いじゃんってことなんですが、レストアしてあるヤツは僕が出せる限界を軽く上回っているのです。旧車にレストアは付き物なんで考えない訳にはいかないのですが、それを考え、お金を貯めるとすれば、働き出してから軽く4年はかかってしまうのです。
どうにかして~~~!!!

S30Zは奥が深い

こんばんわ。皆様いかがお過ごしでしょうか。

最近以前よりS30Zに対しての感情が増してきています。
一言でS30Zと言っても、色々なタマがあります。
ドノーマルだったり、L28に載せ変えてあったり、昔ながらのソレタコデュアルだったり、最終的には湾岸MIDNIGHT仕様のマシンがあったりと、個々のオーナーサンの色がかなり出てきてます。
まぁ僕的には、L20E/G、5速マニュアルミッション搭載のZが良いかなぁと思ってます。
理由としては、
燃費が他のE/Gに比べて良いという事。
税金が安いという事。
この二点がおもな理由です。
まぁ古いクルマですから、レストアの事も考えないといけないのですが、楽しみながら乗れたらこの上ないかなって感じです。

僕の「憧れのZ購入計画」はもう始まっています。

和製ランチア・ストラトス

昨日学校の帰りにコンビニによってマガジンでも見ようかなと思ったら、車の雑誌「CARTOP」が目に入ったので読んでみると、
和製ランチア・ストラトスと言う記事が!!!!!
なんだろうと思って読んでみると、金沢のアタカエンジニアリングと言う会社が国産12番目の自動車会社として産声を上げ和製ランチア・ストラトス、HFR2000を生み出したらしい。
もともとのランチア・ストラトスはランチアがWRCで勝つことを目的としたホモロゲーションマシンで世界に焼く500台しか存在しない(はず)希少なマシンであって市場にはあんまし流れない。
(ランチア・ストラトスの詳しいことはこちら
この和製ストラトスはもう販売していて価格はスタンダートだと780万、ベーシックだと498万らしい。
FHRの詳しいことはこちら

お金に余裕がある方は買ってみてはいかがだろうか。

New NISSAN GT MACHINE!!「NISSAN GT-R」!!!

こんちわ。皆様いかがお過ごしでしょうか。

ついに日産が、NISMOのホームページにてGT-RのSUPER GT GT500仕様のシェイクダウンを10月29日、30日に行ったと発表しました。

詳しい事はこちらをクリック。

ここから日産の新たなる伝説が始まる。新しいGT-Rと共に。

SUPER GT今シーズンのチャンピオンが決まった。

こんばんわ。皆様いかがお過ごしでしょうか。

この間、九州は大分のオートポリスで行われた
2007 AUTOBACS SUPER GT Rd8 SUPER GT in KYUSHU 300km
であと1レース残っているのに、GT500のチャンピオンが決まりました。なのでそのレースはGT500ではもう消化レースなんです。少し楽しみが消えたかなって感じです。
しかしGT300はまだチャンピオンが決まっていませんのでそちらに重点を置いて見たいと思っています。

まだ先の話ですが、来シーズンが楽しみです。GT-Rも復活しますし。


2007 AUTOBACS SUPER GT
GT500チャンピオン
No,8 ARTA NSX 伊藤大助/ラルフ・ファーマン組

Super GT

こんばんわ。皆様いかがお過ごしでしょうか。

皆様は国内最高峰のハコレース「Super GT」をご存知でしょうか?
「Super GT」とは、市販2ドア車をベースに改造範囲を定めて競い合うレースです。
このレースにはクラスが存在し、最大エンジン出力500馬力のクラス(GT500)と、最大エンジン出力300馬力のクラス(GT300)があり、世界的にも珍しい(?)混走で決勝が行われるんです。(その他詳しい事が知りたいならここをクリック)

その「Super GT」が今季最終戦の富士スピードウェイで行われる「2007 AUTOBACS SUPER GT 第9戦 FUJI GT 300km RACE」で通算100レースになるんです。
その記念すべきレースを見に行きたいのですが、「次の日が学校」「第一そこまで行くお金と時間が無い」と言う問題があって行けないのです。困った困った。

行かれる方は僕の分まで楽しんでもらいたいものです。


行きたいなぁ・・・・

GT-Rを・・・

こんばんわ。皆様いかがお過ごしでしょうか。

いきなりですけどもSKYLINE GT-R(BNR32)が欲しい方はおられませんか?車体価格60万円でお譲りしたいと思っています(別税がかかります)。

詳しい事(色、仕様など)はコメントしてくださった方にお教えしたいと思っていますのでよろしくお願いします。



ちなみにこのRは、先輩のだったりして・・・・

BNR32

お待たせしました。コレがあのBNR32です。
P9290021.jpg

P9290020.jpg

クルマに詳しい人はお解かりでしょうが、ホイールがBBSのLMではありません。本人曰く他の所の改造をするとかで、オークションに出したそうです。う~んLM似合っていたのになぁ・・・

BNR32に乗った!!!

こんばんわ。皆様いかがお過ごしでしょうか。

昨日先輩に頼んでSKYLINE GT-R(BNR32)に乗せさせてもらいました。
先ず一言、加速感がたまんねぇ!!5速1500回転からもちゃんとフケ上がるし、エンジン関係は文句なしの上玉でした。
足回りはホイールを20インチのBBS LMを履かせて、かなり厳つい感じでした(今度画像をUPしますんでお楽しみに)。ただ、硬いバネが入っていたので、少しはねるような感じはありました。しかし乗り心地はそこまで悪いものではありませんでした。

う~ん・・・欲しい・・・

NAロードスター改造計画

こんばんわ。皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、昨日NAロードスターに目標を変えましたが、NAロードスターでは、いくら初心者と言えど何れはパワー不足になるだろうと思いまして、チューニングプランを立てました。名付けて・・・
NAロードスター改造計画specS!!
このプランは、ストリートでの快適性を向上させるためのプランです。足回りから、吸排気系、エンジンまで手を加えてストリートでは不満がないように仕上げていきたいと思っています。

内容は出来てからのお楽しみ♪

WRCチャンピオンの死

悲しい出来事がありました・・・それは、WRC世界ラリー選手権 95チャンピオンでイギリスを代表するラリードライバー、コリン・マクレー MBE氏の死でした。
スコットランド・ラナーク周辺で自身が操縦する自家用ヘリコプターが墜落し亡くなられました。享年39.
故人のご冥福をお祈りします。

コリン・マクレー (Colin McRae MBE)1968年8月5日 - 2007年9月15日
主なタイトル
1995 WRC ドライバーズ・チャンピオン

OPTION

この記事はOPTION8月号をよんだら良くわかります。


OPTION
クルマ好きの人が必ずと言っていいほど読んでいる雑誌。
クルマ好きの人が愛してやまないクルマのチューニング雑誌。
最近そこに、喧嘩を売りに来る輩が出てきた。
「チューニングは下衆な文化」
某メーカーの人の発言。クルマはメーカーが作った時点で完成品。それに手を加える事は愚かな行為だと言っている。
・・・・はぁ?何言ってだ?何でチューニングが下衆な文化なんだよ。完成品だぁ?じゃあ何でリコールがでんだ?完成品だろ?じゃあリコールなんて無い筈だよなぁ。知ったかぶってんじゃねぇそ。こちとら自己満足の世界なんだよ。人にどうこう言われたかねぇよ。




・・・すみません、取り乱しました。だけど、許せないんですよ。
クルマ好きの皆様、そうでない皆様も、どうかご意見を頂けないでしょうか。

夢のZまであと少し・・・・・

S30Z・・・・僕の憧れのクルマ・・・・まだ免許を持っていませんが今すぐにでも手に入れたいクルマ・・・・・それがあと5ヶ月で買えそうなんです。

楽しみです。