FC2ブログ

GT-R伝説第三章

XANAVI NISMO GT-Rの本山組がドライバーズタイトルを獲得

 AUTOBACS SUPER GT第9戦(最終戦)「FUJI GT 300km RACE」の決勝レースが、11月9日に静岡県の富士スピードウェイ(1周4.563km)で行われた。GT500クラスは、カルソニックIMPUL GT-Rの松 田次生/セバスチャン・フィリップ組が優勝。GT300クラスはユンケルパワータイサンポルシェが優勝
した。 GT500クラスのドライバーズ・タイトルは本山哲/ブノワ・トレルイエ組(No.12 XANAVI NISMO GT-R)が獲得。日産GT-Rはデビューイヤーでのタイトル獲得となった。
 GT300クラスのドライバーズ・タイトルは星野一樹/安田裕信組(No.46 MOLAレオパレスZ)に決定した。(SGTのホームページから)

今年のSGT GT500チャンピオンはXANAVI NISMO GT-Rに決まりました。
思えば開幕二連勝からあんましいい成績は残せていなかったのによくチャンピオンになれたなってのと、やっぱGT-Rは速いわってのを実感できたシーズンだったかな。
GT300はMOLAレオパレスZ。日産がGT500、GT300の両クラスを制しました。
んでMOLAレオパレスZのドライバー星野一樹選手は元日本一速い男 星野一義さんの息子さんでレースが終わったあと無く一樹選手に親父さんが頭を撫でるシーンが会って感動したなぁ・・・

以下リザルトです。

GT500
1 12 カルソニック IMPUL GT-R
松田 次生 セバスチャン・フィリップ
1:57'09.624 66 BS 10  +1

2 38 ZENT CERUMO SC430
立川 祐路 リチャード・ライアン
00'12.270 66 BS 25

3 6 ENEOS SC430
伊藤 大輔 ビヨン・ビルドハイム
00'13.927 66 BS   +1

4 32 EPSON NSX
ロイック・デュバル 平中 克幸
00'41.177 66 DL 30

5 39 DENSO DUNLOP SARD SC430
高木 虎之介 アンドレ・クート
00'42.915 66 DL   +2

6 35 宝山 KRAFT SC430
ピーター・ダンブレック 片岡 龍也
00'58.891 66 BS

7 36 PETRONAS TOM'S SC430
脇阪 寿一 アンドレ・ロッテラー
01'47.061 66 BS 55

8 25 ECLIPSE ADVAN SC430
土屋 武士 石浦 宏明
1Lap 65 YH   +2

9 23 XANAVI NISMO GT-R
本山 哲 ブノワ・トレルイエ
1Lap 65 BS 80

10 17 REAL NSX
金石 勝智 金石 年弘
1Lap 65 BS   +2

11 22 MOTUL AUTECH GT-R
ミハエル・クルム 柳田 真孝
1Lap 65 BS 25

12 1 ARTA NSX
ラルフ・ファーマン 伊沢 拓也
1Lap 65 BS 60

13 3 YellowHat YMS TOMICA GT-R
ロニー・クインタレッリ 横溝 直輝
2Laps 64 BS 55

14 18 TAKATA 童夢 NSX
道上 龍 小暮 卓史
2Laps 64 BS 65

15 24 WOODONE ADVAN Clarion GT-R
J.P・デ・オリベイラ 荒  聖治
20Laps 46 YH   +2

GT500 規定周回数:46

100 RAYBRIG NSX 井出 有治
細川 慎弥
49Laps 17 BS 10


GT300
1 26 ユンケルパワータイサンポルシェ
谷口 信輝 ドミニク・ファーンバッハー
1:57'41.086 62 YH

2 62 WILLCOM ADVAN VEMAC 408R
柴原 眞介 黒澤 治樹
00'29.871 62 YH +2

3 77 クスコDUNLOPスバルインプレッサ
山野 哲也 カルロ・バンダム
00'36.973 62 DL 5

4 31 DOUBLEHEAD avex apr MR-S
峰尾 恭輔 坂本 雄也
01'00.616 62 MI +1

5 19 ウェッズスポーツIS350
織戸 学 阿部 翼
01'18.229 62 YH 30

6 46 MOLAレオパレスZ
星野 一樹 安田 裕信
1Lap 61 MI 100

7 81 ダイシン ADVAN Z
青木 孝行 藤井 誠暢
1Lap 61 YH 60

8 4 EBBRO UEMATSU 320R
阪口 良平 松下 昌揮
1Lap 61 YH +1

9 43 ARTA Garaiya
新田 守男 高木 真一
1Lap 61 MI 80

10 5 プロμ マッハ号 320R
玉中 哲二 山野 直也
1Lap 61 YH +2

11 2 プリヴェKENZOアセット・紫電
高橋 一穂 加藤 寛規
1Lap 61 YH 55

12 11 JIMCENTER ADVAN F430
田中 哲也 植田 正幸
2Laps 60 YH 10

13 52 GREEN TEC KUMHO IS350
黒澤 琢弥 井口 卓人
2Laps 60 KH +2

14 88 triple a ガイヤルドRG-3
松田 秀士 古谷 直広
2Laps 60 YH +2

15 118 4CARAT SON GT3
宮本 隆士 ガッツ城内
2Laps 60 YH +2

16 170 外車の外国屋&LMPポルシェ
高見沢 一吉 山岸 大
3Laps 59 YH +1

17 27 石松・FUNKY'S・HANKOOK GT3
井上 貴志 青山 光司
3Laps 59 HK +2

18 808 初音ミク Studie GLAD BMW Z4
菊地 靖 田ヶ原 章蔵
4Laps 58 YH

19 66 triple a ムルシェRG-1
山西 康司 余郷 敦
4Laps 58 YH +1

20 110 KUMHO BOXSTER-GT
光貞 秀俊 池田 大祐
4Laps 58 KH

GT300 規定周回数:43

95 ライトニング マックィーン apr MR-S
平手 晃平 国本 京佑
22Laps 40 MI 25

87 アクティオガイヤルドRG-3
和田 久 栗原 宗之
26Laps 36 YH +2

7 ORC雨宮SGC-7
井入 宏之 折目 遼
32Laps 30 YH 25

666 楽天 BOMEX 320R
周防 彰悟 山下 潤一郎
39Laps 23 KH +2

16 CHUGAI UEMATSU 350R
植松 忠雄 筒井 克彦
40Laps 22 YH +2

33 HANKOOK PORSCHE
木下 みつひろ 影山 正美
46Laps 16 HK

BS:ブリヂストン/DL:ダンロップ/HK:ハンコック/KH:クムホ/MI:ミシュラン/YH:ヨコハマ

ウェイトハンディキャップ(kg)/+1:性能引き上げ措置(1ランク)/+2:性能引き上げ措置(2ランク)

開始時刻:14:07'38/終了時刻:16:05'19.086

出走台数:42台/完走台数:35台

○ 決勝ベストラップ
GT500 : 1'36.436 : No.6 ENEOS SC430 (ビヨン・ビルドハイム)
GT300 : 1'45.404 : No.33 HANKOOK PORSCHE (影山 正美)
以上SGTホームページから
コメント

失礼します

300はまだ46号車に決まってないですよ!

No title

注意あざーっす!!!!直さないけどね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する